BLOGブログ

ダイエットと停滞期

 【スタジオからのお知らせ】
新店舗OPENキャンペーンはコチラをクリック残り4名

ボアソルチFacebookコチラをクリック
いいね を押してください。

ボアソルチスタッフの紹介はコチラをクリック

【メディア情報】

□松本市商工会会報誌「見たり聞いたり」にスタジオをご紹介頂きました詳細はコチラをクリック
□タウン情報にマスターストレッチを紹介して頂きました 記事はココから
□週刊まつもと「スポーツ男子特集」載せて頂きました。記事はココから
□1月27日FMまつもと「松本日和」に出演しました 記事はココから

 

パーソナルトレーニングスタジオ「BOASOLTE」寺田です。

今年のシーズンオフに発売される、「カーブマン」DVD「WILD CARD」の撮影に行ってきました!!

昨年発売DVD「WILD CARD #2」

本格的なカメラを使用してます(^^♪
高画質な映像で、スーパースロー映像等も使用して撮影!!
スキー場関係者のご協力もあり、いい映像が撮れました!寺田の滑りは、まだまだ発展途上ですが、一人でも多くの人がスノーボードに興味を持ってもらえる様にと、願いを込めて、思いっきり滑ってきましたよ(後は編集で・・・なんとか・・・笑)

スポーツを始めて、ある程度出来てくると、そこから先の上達がなかなか上手くいかないという経験は皆さんないでしょうか!?

寺田も色々なスポーツを経験して、ある程度のレベルまでは進むのですが、そこから先は停滞気味に上達幅が小さくなってくる事を感じます。

その理由の一つとして、自分の身体の癖や、身体が覚えてる自然な動きが邪魔になってしまうという事があります。

ジャンルは変わりますが、体重を落とす作業、ダイエットにも、似たような現象が起こります!

人間の身体は、良くできたもので、生命維持の為に、安定した状態を維持するようにできております。
これを恒常性機能(ホメオスタシス)といいます。
恒常性機能とは、身体に何か変化が起きた際に、元の状態に戻そうとする機能です。
(体温調節やケガの修復、遭難者が水だけで生き延びる等)
生命維持の為には、とても大切な機能なのですが、体重を落とす作業の際には、少し、邪魔になってきてしまう部分があります。ダイエットを始めて、最初はすぐに体重の変化があるのに、その後、思うように減っていかないという事を、経験された方も多いかと思います。
その時、身体では、体重が今までより減り、危険を感じ、恒常性機能が働いてきております。
これ以上減らさない為に、身体は、蓄えようという働きに切り替わります。これが、一般的に停滞期と呼ばれる状態ですね。
この停滞期にダイエットを諦めて、食事を今まで通りに戻してしまうと、身体は蓄え易い状態ですから、以前よりも体重が増えてしまうという、最悪の結果、リバウンドに繋がってしまいます。

ダイエットとスポーツは通じるものがあるなーと思いながら、ブログ書いてみました。

現在寺田もスノーボードに関して、新しい動きと古い動きの中で、上達の停滞期になっております(笑)cambioオープンに合わせて、今までダイエットが上手くいかなかった方や、やり方が分からないという方も、一緒に停滞期を抜け出しましょう!!
その先にはきっと、理想の自分が待ってますよ(^^♪ → 自分に言い聞かせてます!!

cambioオープンキャンペンの案内は上に載せてますので、是非チェックをお願いします(^◇^)
皆様からのお問い合わせお待ちしております!!

一覧へ戻る

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから