BLOGブログ

グルテン(小麦)に気をつけて下さい

【スタジオからのお知らせ】

ボアソルチFacebookコチラをクリック
いいね を押してください。
ボアソルチスタッフの紹介はコチラをクリック

【メディア情報】

□松本市商工会会報誌「見たり聞いたり」にスタジオをご紹介頂きました詳細はコチラをクリック

□タウン情報にマスターストレッチを紹介して頂きました 記事はココから
□週刊まつもと「スポーツ男子特集」載せて頂きました。記事はココから 

□1月27日FMまつもと「松本日和」に出演しました 記事はココから

おはようございます。
「パーソナルトレーニングスタジオ ボアソルチ」渡邊です

今日から2月ですね。

着々と新店舗の準備が進んでいます。
名前も決まりました!
今度、ブログにてお知らせ致します。
さて、ジョコビッチの本でも話題になった小麦に含まれるグルテンについて書きたいと思います。
{CD685A6C-DA50-4EB8-BBC5-5B20854D34E0:01}

色々と調べてわかったのは、小麦を使ったものがだいぶ身体に悪いということがわかりました。

なんとなく知ってはいたのですが、ここまで身体に悪影響を及ぼしているということまでは知りませんでした。
ジョコビッチの本でグルテンフリーという言葉がメジャーになり、スポーツの世界では当たり前になりつつあります。
しかし一般の方の中では、実は小麦アレルギーなどで苦しんでいる方も非常に多くいるようです。

グルテンは小麦やライ麦、大麦などの穀物に含まれているタンパク質。
あらゆる小麦製品にはグルテンが含まれています。

そもそもグルテンの何が問題なのでしょうか?
難しい話をしても長くなるので簡単に書くと

●グルテンは、消化できない。

グルテンは、人体で消化できないため他の栄養素と一緒に体外に排出されてしまうということをしてしまう。

●グルテン不対症の人が5人に1人と言われている。

要するにアレルギーですね。
これが厄介で過剰に反応する人は避けようとするのですが、小麦アレルギーなの?って意識がない人が摂取してしまっていることが多いようです。
ジョコビッチもこのタイプで、顕著に小麦製品を食べた後に症状が出るのではなく、その数時間後や身体が疲労したときに反応が出たりする。
このようなケースだと、小麦が原因だということに気づきづらい。

●小麦の糖分は血糖値を急上昇させる

小麦食品は、比較的GI値も高く、血糖値を急上昇させるため肥満のもととなる。

ということがあげられます。

栄養素を体外に排出したり、無駄な脂肪を付けている可能性がある。
ということを考えてもスポーツのパフォーマンスにおいても、そうとうな影響があると考えられますし一般の方にも痩せにくかったり、太りやすい身体を作っている可能性があります。

なので、これから小麦の摂取を少し気をつけてみようと思います。
パン、うどん、パスタ、そば。
そばは十割ならOKです。
日本は、主食で米が多いので比較的やりやすいですが調味料とかは気づかないうちに摂ってしまう可能性があるので気をつけたいと思います。

しょうゆにも小麦粉入ってます。

外食がある時はしょうがないですが、意識的に気をつけていきたいと思います!

では2月も頑張っていきましょう^ ^

一覧へ戻る

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから