BLOGブログ

腹直筋の解剖学

こんにちは‼︎

トレーナーの久保田です。

私事ですが6月にコンテストがあるので

1週間前から減量を開始しております!

開始時点の体重は75キロ(太り過ぎました笑)

現在は72キロ順調に進んでおります。

さて、本日は腹直筋の解剖学・作用についてです。

腹直筋

マッスルシンボルとも言われる腹直筋。腹直筋を鍛えると、トレーニング時にコアが安定して強い力を発揮しやすくなります軽視すべきではない筋肉です。

腹直筋の作用

体幹部を屈曲させます腰椎・椎骨を前屈させるときに、必要となります。

腹直筋のエクササイズ

筋繊維を肥大させたい場合は、高強度(エキセントリック)の刺激が必要。特にアブローラーやリバースクランチがおすすめです。

腹直筋の特徴

日常生活では、仰向けの状態から身体を起こすときや姿勢を保持するときに関与反り腰になりにくくするために、必要な筋肉です。

ほとんど全てのスポーツ動作において使用される筋肉になりますのでパフォーマスアップにもなります。

 

以上のことから腹直筋はお腹を引き締める以外でも日常生活の中でも

非常に重要な筋肉になりますので軽視しがちですがしっかり鍛えましょう!

以上です!

お疲れ様でした。

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから
全店共通 1時間 4,400円(税込)