BLOGブログ

寝付きが悪い時の不足栄養素

こんにちは!

トレーナーの久保田です。

 

本日は寝付きが悪い時に

不足している栄養素についてお話し致します!

 

それはタンパク質とマグネシウムです。

・タンパク質

寝るときにメラトニンと言うホルモンが

産出されます。

その材料にタンパク質のトリプトファンが必要に

なる為、トリプトファンが不足してしまうと

メラニンが産出されずに寝付きが悪くなって

しまいます!

 

・マグネシウム

リラックス効果があり興奮を抑え睡眠を

深くしてくれる効果があります。

食事ではナッツ、バナナ、緑黄色野菜に多く

含まれますが食事だけで摂取するのは難しいので

サプリメントを活用するのがお勧めです!

 

ダイエット、ボディメイクには

7時間30分の睡眠が必要とされていますので

寝付きが悪い方は

是非、お試しください!

 

以上です。

ありがとうございました☺️

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから
全店共通 1時間4,000円(+税)