BLOGブログ

トレーニング前後のストレッチ‼︎

こんにちは!

久保田です。

 

本日はトレーニング前後に行うべきストレッチに

ついて説明いたします。

ストレッチは2種類あり、

静的ストレッチ(スタティック)と

動的ストレッチ(ダイナミック)の

2種類に分かれます。

 

静的ストレッチとは

前屈など筋肉を伸ばした状態を数秒キープする

ストレッチ。

 

動的ストレッチとは

ラジオ体操などの関節を動かしながら

身体を伸ばして可動域を広げるストレッチ。

 

トレーニング前によく静的ストレッチを

行なっている方を見かけますが

実は静的ストレッチを行なってしまうと

副交感神経が働き身体がリラックス状態に

なってしまう為、パフォーマンスの低下や

筋肉の低下に繋がってしまいます。

その為トレーニング前には怪我予防の為に

動的ストレッチや有酸素運動を5〜10分程度

行うことをお勧めいたします。

※目的によって異なります

 

逆にトレーニング後は静的ストレッチを行います。

トレーニングの刺激によって

傷ついた筋肉の繊維をゆっくり伸ばすことで、

筋肉が短くなる(硬い筋肉)ことを防げるからです。

さらに、筋肉を伸ばすことで血行が良くなり、

身体の末端まで栄養を運ぶことが可能になります。

 

ストレッチはとても大事な事ですが

タイミングによってはマイナスになってしまう事が

ありますのでお気をつけください。

 

以上です。

ありがとうございました^ ^

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから