BLOGブログ

足細くしたいなら・・・

こんにちは

トレーナーの坂本です。

 

今回は多くの女性を悩ませる

下半身太りについて書いていこうと思います。

 

下半身太りはいわゆる洋ナシ型体型というもので

骨格や運動習慣、生活様式など様々な要因により、

日本人女性が陥りやすい体型と言われています。

 

ほとんどの場合、下半身太りを作る原因となるのは

・皮下脂肪

・むくみ

・骨盤の緩み

の3つが挙げられます。

 

今回はこの原因について掘り下げ、

なぜ下半身太りが起きるのか、

どうしたら解消できるのか

という点について話していこうと思います。

 

① 皮下脂肪

皮下脂肪はその名の通り皮膚の下に存在する体脂肪を指します。

皮下脂肪自体は緩衝機能や体温の保持などの役割を担う、

人体にとっては必要不可欠なものですが、

多すぎると、当たり前ですが、ぽっちゃりした外観になってしまいます。

 

皮下脂肪の厄介なところは、

他の脂肪細胞と比較し、エネルギー源として使いにくく、

一度増えるとなかなか減らせないという所にあります。

皮下脂肪を減らすためには、

食事管理と低強度の有酸素運動を続けることが必要になります。

これに関しては近道はないので、本当に地道な努力が必要になります。

 

特に運動に関しては、とにかく日々の活動代謝を増やしていくことが非常に大切です。

基本的に足の皮下脂肪だけを減らすということは不可能なので、

全体的な体脂肪量を徐々に落としていくしかないです。

 

足トレをしたからと言って、足の脂肪は落ちませんし、

高強度のスクワットをして足の筋肉が大きくなった所で、

足の脂肪の減り幅はたいして増えません。

とにかく地道に運動を続けるしかないです。

 

この為、減らす努力も大事ですが、

そもそも増やさない努力をする方が効率的であると言えます。

では皮下脂肪を増やさないためにはどうしたら良いのか。

・余分なエネルギーを摂取しない。

・脂肪を付けたくない部位を意識的に動かす。

この2点が非常に有効です。

 

運動によって部分的に痩せることは出来ないですが、

部分的に脂肪がつきにくくすることは可能であると言われています。

 

例として、

上腕の前面(力こぶ側)には脂肪がつきにくく、背面(二の腕側)にばかり皮下脂肪がつくのは

動かす機会が極端に前面の方が多い為であると考えられます。

 

こうして考えると、

いかに日頃の食事管理と適度な運動が必要なのかというのが身に沁みて分かりますね(^^)

 

② むくみ

浮腫みに関しては、皮下脂肪と同じくらい下半身太りへの影響が大きいのではと思います。

浮腫みの原因は様々ですが、

基本的には細胞への老廃物の蓄積により、細胞内外の浸透圧のバランスが乱れて

細胞内への水分の取り込み量が多くなることが主なメカニズムとなります。

 

浮腫みの解消には、

・積極的な水分摂取により血流量を多く保つ。

・適度な運動でリンパ液の流れを促す。

・カリウムを摂取して浸透圧バランスを正常に保つ。

といった手法が有効です。

 

水分摂取は血液・リンパ液の流量を多く保つ為に非常に大切です。

浮腫みだけではなく、冷え性や肩こりなどの血行不順による不具合の解消にもつながるので

ぜひ積極的に行っていきたいですね✨

 

また、カリウムを多く含む食材としては

バナナやアボカド、イモ類、肉類、魚類、豆類

などなどが挙げられます。

 

結局はバランスの良い食事を心がけるということが一番だったりします。

 

③ 骨盤・股関節の緩み

これは前記の2つとは少し方向性の違う話になりますが、

骨盤及び股関節の緩みはお尻を横に大きく見せることにつながり、

綺麗なボディラインを保つ上でネックになります。

 

また、骨盤は内臓器官を乗せる皿の役割を担っているため、

骨盤の乱れは内臓の位置の乱れにつながり、

結果として内臓機能の低下を引き起こし、

・ホルモンバランスの乱れ

・基礎代謝の低下

などなど、機能的な不具合の発生させる要因となる恐れがあります。

 

骨盤と股関節の動作や安定化に関わる筋肉は非常に多く、

かなり複雑に関与し合っていますが、

下半身太り解消という点で考えると、

・骨盤底筋群

・中臀筋、小臀筋、梨状筋

・腸腰筋

といった筋肉たちを鍛えるのが重要であると

個人的には考えています。

 

これらの筋肉は骨盤自体の形の安定化や股関節の安定稼働に関わる筋肉であり、

多くの現代人にとって弱りやすい筋肉でもあります。

股関節が安定的に正しく使うことが出来ると、

お尻や腿裏などの大きい筋肉を上手に使うことができ、

運動効率の向上や皮下脂肪の蓄積の防止といった

下半身太り解消にとって非常に大きな恩恵を得ることが出来ます。

 

では、どういうトレーニングを行えばよいのか。

については、またそのうちブログで書いていこうと思います。


結論としては、

下半身太りを解消する努力をする前に

下半身太りにならない努力をした方が圧倒的に楽です。

 

太ってからではもう遅い。

日頃からの食事管理と運動が本当に大切✨です。

 

もし、下半身太りになっちゃったので早急になんとかしたいよ、

という方は、ぜひぜひ我々にご相談下さい。

 

精一杯サポートさせて頂きますので、一緒に頑張りましょう(^^)

 

 

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから