BLOGブログ

糖質制限ダイエットの危険性

トレーナー募集のお知らせは コチラ
入会金不要!長野初上陸、イタリア発祥のメソッド「マスターストレッチ」体験キャンペーン コチラをクリック
新郎新婦様向け、特別ブライダルプランコチラをクリック

【メディア情報】
タウン情報にマスターストレッチを紹介して頂きました記事はココから
週刊まつもと「スポーツ男子特集」載せて頂きました。記事はココから
1月27日FMまつもと「松本日和」に出演しました 記事はココから

こんにちは!

長野県松本市の加圧トレーニングスタジオの渡邊です。

明日はツールド美ヶ原ですね!

全国的にも有名な大会なので、今日は自転車を積んだ車がスタジオ前をよく通ってました!

いつか機会があれば出たいなぁ~とは思ってます(笑)

さて、一時期ブームになった糖質制限ダイエット

意外と多くの方が経験したことある糖質制限ダイエットですが、その危険性について書きたいと思います。

糖質=炭水化物は食事のカロリーの50%を占めるてると言われる程、カロリーの元となる栄養素です。

単純にそのカロリーを制限すればカロリーの摂取量を抑える事ができます。

摂取カロリー<消費カロリー

これで間違いなく体重は落ちます!

ここで勘違いしないで欲しいのですが糖質=炭水化物はタンパク質、脂質と並んで3大栄養素です。

そんな大事な栄養素を削る事での危険性は2つあります。

1つ目は、糖質=炭水化物はエネルギーの源になるもので、これを無くす事で脳が正常に働かず、力が入らなかったり頭がボーっとしてしまいます。

日常生活の中で疲れを感じやすかったりし、日常生活に影響を及ぼします。

仕事に影響が出ますよね…

2つ目は糖質=炭水化物を取らないことで筋肉が減ってしまう事です。

脳のエネルギーは糖質のみで、そこのエネルギー源を絶ってしまうと、糖質を補うために筋肉に含まれるグリコーゲンを分解して糖質を作るようにします。

大切な脳を守るために体が自らの体を削って糖質を作り出します。

これを糖新生と言います。

糖質=炭水化物を制限することで、もちろん体重は落ちます。
しかし、筋肉が削られることで、基礎代謝が落ちるので、結局食事を少しずつ戻していっても、基礎代謝が落ちていく事で体重が少しずつ増えていきます。

これをずっと続けていけば問題ないですが、体力はなくなり、免疫力が下がり痩せているのに不健康な体になってしまいます。

渡邊の今まで会員様を見てきた経験値として、このようなダイエットを行い、食事を元に戻していった結果としてダイエット開始時の体重よりも増えてしまうこと。

開始時が55kgだとしたら、リバウンドしてしまった時には58kgになったなど、増える事が多いです。

これを防ぐには必要な時に炭水化物を摂り、不必要な時に摂らない!

これが簡単そうで意外と難しいです!

ですが、これをできれば大丈夫です。

後はタンパク質も必要ですが、ここではお話ししませんが、1日の食事の調整の仕方はしっかり指導致します。

昨今はダイエットの色々な方法がありますが、間違ったやり方をしてしまうと、取り返しのつかない事になるので、色々な専門家に聞いて自分にあった方法を行う事をオススメ致します!

長くなりましたが、スタジオは明日お休みを頂きます。

皆様、良い休日をお過ごしください^ ^

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから