BLOGブログ

体脂肪率の落とし方

こんにちは!

トレーナーの坂本です。

 

久々のブログ更新です。

 

私事ですが、最近松本市から安曇野市にお引越しをしまして🚚💨

しばらくは家の片付けと仕事でバタバタとしてましたが、ようやく落ち着いてきました😊

そんなこんなで、久々にブログを更新していこうと思います!

 

さて、今日は体脂肪率の落とし方について。

体脂肪率の落とし方は大きく分けて2つの方法が考えられます。

 

①体脂肪量を減らす

②筋肉を付けて相対的に落とす

 

①がいわゆる”ダイエット”と呼ばれるものですね💡

運動と食事管理で体脂肪量を落として体重と体脂肪率を同時に落としていく方法になります。

ここでの運動としては、筋トレと有酸素運動をバランス良く導入していくやり方になります。

体重・体脂肪量ともに高い肥満体型の方はこちらの方法で体重と体脂肪量を同時に落としていく必要があります。

 

②はどちらかというとシェイプアップと呼ばれる方法ですね。

体脂肪率は、体重に対する体脂肪量の割合なので、

筋肉を増やして体脂肪量の占める割合を下げてやることで相対的に体脂肪率を低減することができます。

また、筋肉量が増えることで基礎代謝が上がりやすくなる為、体脂肪の消費を促し、結果的に体脂肪の絶対量も減らしていくことができます。

 

こちらのタイプは筋肉をつけることが最優先になる為、基本的に食事制限はダイエットほど厳密には行わず、

ある程度栄養を取りながら、筋力トレーニングをしっかりやっていく形になります。

もちろん、タンパク質中心の食事を心がけるなど、食事の内容に注意する必要はあります😅

 

 

体重は標準的だけど、体脂肪率が高く筋肉量が少ない、いわゆる隠れ肥満タイプの方はこちらの方法が適しています。

最近はこの隠れ肥満タイプの方が結構多いです。

外見としては普通〜痩せ型体型にみえるので、なかなか気づきにくいのですが、

内臓脂肪型の肥満であることが多く、病気のリスクが高くなりやすいタイプでもあります。

 

 

体重を落とすと聞くと、食事制限しないといけない!というイメージを持っている方は少なくないと思います。

しかし、時には食事を減らして体脂肪量を減らすよりも、食事量は変えずに筋肉をしっかりつけていった方がよい場合もあります

そこはその人の身体状況や生活様式などに依ってそれぞれ異なります。

どういったプロセスで痩せるのが自分には合っているのか、自分ではなかなか分からないと思います。

そんな方は、ぜひ我々にご相談頂ければと思います。

客観的な立場から皆様一人ひとりに合った方法を提案させて頂きます。

 

是非一度、ご自身の体を見直す機会を作ってみてはいかがでしょうか!?

 

それでは!

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから