BLOGブログ

正しく歩くことの必要性

こんにちは

トレーナーの坂本です。

 

久々にディスクを投げてきました。

久々過ぎてど下手になってました。残念…

何事も継続的にやらないといけないですね^^;

 

さて、だんだんと松本も暖かくなってきましたね!

ちょっと急に暑すぎる気もしますが💦

 

暖かくなったし、外でウォーキングしようかな!

という方もいらっしゃるのでは?

 

そこで、今回は歩行についてちょっとお話をしようと思います。

 

皆様は正しく綺麗に歩くことが出来ている自信がありますか?

僕はありません^^;

街中でも、この人の歩き方綺麗だなーと思う人は、ほとんどいないです。

 

片足に重心が偏っていたり

足が上がらず、すり足になっていたり

上半身がほとんど動いていなかったり

などなど。

多くの人に何かしらのエラーが見受けられます。

 

そもそも、ヒトには利き腕・利き足があり、日頃から全く左右対称な運動が出来ていることは絶対にありえません。

誰しもが多少の左右非対称性を持ち、そこに由来する体の歪みを持っているハズです。

 

その歪みのまま、歩き続けると、負荷の偏りによってさらに歪みが大きくなっていきます。

その歪みがさらに大きな歪みを生んでいく…

負のスパイラルですね😱

 

この歪みを防止・矯正していくためにも、正しい歩行姿勢を身につけるということが非常に重要になってきます!

 

また、歩くという動作は、脊髄反射による反射運動なので、基本的に脳は関与しません。

右足出したら左足出して、また右足出して…

なんて考えながら歩いている人は多分いないです。

 

さらに、上手く歩けている状態では、重心の移動に伴う慣性力を利用出来る為、余計な力を必要としません。

 

しかしながら、正しい歩行が出来ず、重心移動がスムーズではない場合、

余計な力を出す必要性が発生してしまいます。

この結果、筋肉や脳に無駄な負担を強いることになり、余計な疲労を蓄積する原因となってしまうんです!

 

歩くと疲れる

できるだけ歩きたくない

活動量が低下する 

運動不足に陥る!

 

という悪循環が生み出されてしまうワケです。

まさに負のスパイラル!

 

 

偉そうに長々と語りましたが、

歩き方を修正するのって、本当に大事です。

姿勢改善もそうですが、こういった正しい身体の使い方を習得するのは、

早ければ早いほどいいです。

これは絶対に!

 

多くの人は、関節や筋・腱に障害や痛みが出てしまってから何とかしようと考え始めますが、

そんな方々の場合、修正のエクササイズを始める前に、

痛みを取ったり、

関節の動きを正常に戻したり、

単純な筋力を向上させるトレーニングが必要になったりと、

目的に到達するまでのプロセスが余計に多くなってしまいます。

 

健康なうちに、

怪我や障害を負う前に、

一度ご自身の身体の調子を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

それでは!

 


体験トレーニング、絶賛受付中!

 

お問い合わせはボアソルチHPもしくはホットペッパービューティーのボアソルチページからどうぞ!

『ホットペッパーbeauty 』

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000415406/

 

******************************************************

 Instagram始めました!

良ければフォローをお願いします😊

 

@boasorte_insta

http://instagram.com/boasorte_insta

@tatsuya.sakamoto.50

https://instagram.com/tatsuya.sakamoto.50

*******************************************************

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから