BLOGブログ

リバウンドを抑えるには食事と運動の組み合わせがベスト

入会金不要!長野初上陸、イタリア発祥のメソッド「マスターストレッチ」体験キャンペーン コチラをクリック
新郎新婦様向け、特別ブライダルプランコチラをクリック

【メディア情報】
タウン情報にマスターストレッチを紹介して頂きました記事はココから
週刊まつもと「スポーツ男子特集」載せて頂きました。記事はココから
1月27日FMまつもと「松本日和」に出演しました 記事はココから

 

こんにちは!

長野県松本市の加圧パーソナルトレーニング&マスターストレッチスタジオ ボアソルチの渡邊ですニコニコ

最近、マスターストレッチ~加圧トレーニングを行うことが多い渡邊です。

それは、先にマスターストレッチを行うと身体が整って動きやすくなっている感覚がわかります。

今度、是非試してみて下さいニコニコ

 

さて、ダイエットを行うにあたって、皆さん意によく起こりがちなリバウンド。

天敵ですよね。。。

ボアソルチでは運動と食事を指導するやり方を行っていますが、海外のテレビ番組で

食事療法単独より、運動と組み合わせる方が安全かつリバウンドを抑えられるいう検証結果が出たそうです。

 

~以下、LIONウェルネスダイレクトより~

数カ月で大幅な減量を試みる肥満成人を紹介するテレビ番組「The Biggest Loser」の参加者11人のデータを分析した研究で、成人の体脂肪を減らして筋肉を維持するには、食事療法単独よりも、運動と健康的な食事を組み合わせるほうがよいことがわかった。

番組の開始時、6週間後および30週間後に、参加者11人の体脂肪、総エネルギー消費量と安静時代謝量(活動していないときに消費されるエネルギー)を測定した。被験者は平均128ポンド(約58 kg)の減量に成功し、そのうち約82%は脂肪、残りは筋肉などの除脂肪組織(脂肪以外の組織)の減少によるものであることがわかった。米国立糖尿病・消化器病・腎疾患研究所(NIDDK)の研究グループによると、減量時に筋肉を維持すれば、負傷リスクの軽減、体力や運動性の増進など多くのベネフィットがあるという。

今回の研究では、ヒトの代謝の数学的コンピューターモデルを用いて、参加者に体重減少をもたらした食事と運動のシミュレーションを作成した。このコンピュータープログラムによる計算の結果、体重減少の効果は運動よりも食事単独のほうが大きく、体脂肪減少の65%、除脂肪体重(筋肉を含める)減少の35%が食事によるものであることがわかった。一方、運動単独では脂肪だけが減少し、筋肉の減少はなく、全体の体重が低下したにもかかわらず、除脂肪体重はやや増加したという。

また、参加者は番組内で実施したよりも緩やかな生活習慣の改善を取り入れることにより(例えば1日20分の激しい運動を続け、カロリー摂取量を20%減らす)、体重が再び増加するのを避けられることが明らかにされた。NIDDK 所長のGriffin Rodgers氏は、「今回の研究は、毎日の生活に健康的な食事と運動が欠かせないことを再確認させるものである。また、個別の環境に基づいた持続可能な減量法(肥満治療の重要なツールとなる)を提案するうえで、代謝と数学的モデリングを利用する方法を示すものでもある」と述べている。

以上

 

なるほど。。。

食事と運動を組み合わせて、リバウンドが抑えられる事もいい事ですが、負傷リスクの軽減、体力増加などのもポジティブな点です!

付け足すとすれば食事制限によるストレスも抑えられますねビックリマーク

○○ダイエットとか流行りの物に流されず、食事の内容を考え、適度に運動を入れていく。

ここは普段から伝えてますし、ブレずにこの部分は今後も伝えていきたいと思いますニコニコ

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから