BLOGブログ

腹持ちの良い低GI食品

こんにちは晴れ

長野県松本市の加圧トレーニングスタジオボアソルチ
加圧トレーニングインストラクターの渡辺ですニコニコ

今日から朝活始めた渡辺ですひらめき電球
さて、会員の皆様には最初に気をつけて欲しい食品として低GI食品、高GI食品のリストをお渡ししております。

おさらいですが、GIとは、Glycemic Index(血糖指数)の略で、炭水化物を食べた後の血糖値の上がる速さを示した指数のことです。
この値が少ないほど、血糖値が緩やかに上がると言われています。
身体は、食べ物を食べて血糖値が上がると、膵臓からインシュリンを分泌し血糖値を下げます。
このインシュリンが脂肪を作ってしまう働きがあります。
高GIの食品を食べると、血糖値は急激に上昇するので、からだはそれを下げようとしてインシュリンを大量に分泌します。

逆に低GI食品は、血糖値を緩やかに上げるので、インシュリンがたくさん分泌されず、結果的に体に脂肪を溜め込みにくくなるのです。
GI値が低い食品ほど血糖値の上昇が緩やかになるため腹持ちが良くなります。

ゆっくり消化する食べ物だと考えればわかりやすいと思います。
低GIの食品は主に主食でな
玄米、そば、中華そば、パスタ(乾)、パスタ(全粒粉)
※白米のGI値は高いです。

野菜では
さつまいも、グリンピース、にんにく、大豆、いんげん、アボガド、レタス、大根など長野県松本市の加圧スタジオ「ボアソルチ」のオフィシャルブログ
※じゃがいも、人参は高GI食品になります。
腹持ちの良い食品且つ身体にも良い!
一石二鳥ですねニコニコ

いつもの食事にこのGI値の事を意識するだけで身体に変化はあるので、是非実践してみて下さいアップ


一覧へ戻る

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから