BLOGブログ

勉強会@松本

こんにちは!

トレーナーの坂本です。

 

昨日は私が在籍しているジムにてパーソナルトレーナーの勉強会があり、参加してきました。

 

今回のメインテーマは「動作分析」。

体の痛みや可動性の低下といった身体の不調に対して、
前屈・後屈や歩く、しゃがむといった簡単な動作から
その主原因がどこにあるのかを分析し、
その主原因に対してどういったアプローチで改善を目指していくのか。

そういった内容で昼前からみっちり約6時間勉強してきました。

講師の先生のお話しを聞いたり、

トレーナ同士で実際にトレーニング指導をしあったり、

和やかな雰囲気の中で、非常に有意義な時間にすることが出来ました。

 

自分自身の体が正しく使えているのかどうかを確認することはすごく難しいです。
前屈ひとつとっても、
床に手がついていて、十分な柔軟性があるように見えても、
背中のアーチもできているけど、実は骨盤が全然動いてなかったり、
逆に骨盤は動いているけど、胸椎や腰椎のアーチがうまくできていなかったり、
自分が思っている以上に体が正しく動かせていない可能性が結構あります。

 

身体の中でうまく使えていない部位があると
その周りの筋肉がその働きをサポートしようとして
大きな負荷がかかりやすくなります。
その結果、腰痛や肩こりがでやすくなったり、
膝や腰、股関節などに障害が出てしまったり、
様々な不具合の発生につながります。

 

私自身、今回の研修会の中で胸椎の可動性の低さを指摘されてしまいました。
確かに、少し前に背中を痛めて、病院に通院していたことがあったんですが、
今思い返すと、これが原因だったのかなーという気がします…
まだまだトレーニングが足りてない証拠ですね(^^;)

 

日頃運動をあまりされない方はもちろんのこと、運動習慣がある方でも、

運動内容の偏りや身体へのストレスの蓄積によって

こういった動作性の低下が起きている可能性は十分にあると思います。

 

皆さまもご自身の身体を一度見直してみてはいかがでしょうか?

お悩みやお困りのことがあれば是非ご相談下さい!!

お待ちしております!!

 

それでは!!!

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから