BLOGブログ

古い栄養学は必要ない!「5大栄養素」の教育が病人を作ってきた!

こんにちは、栄養医学指導師の保科です。

5大栄養素

多くの人は、「栄養素」という言葉を聞いた場合、「3大栄養素」という言葉を思い浮かべたり、或いは「5大栄養素」という言葉を思い浮かべたりするのではないでしょうか?

この語を使った栄養教育こそが、多くの病人を作ってきたのだと思います。

因みに、「3大栄養素」も「5大栄養素」も、小学生のときに習うことになっています。

そして、「最も大切な3種類は、糖質と脂質とタンパク質ですよ!」と教えられます。

そのように教えられれば、「他の栄養成分は、特に気にしなくてもよいのだ」ということになります。

「子どもだから、最初に覚えるのは3種類だけにしておきましょう…」などと、子どもたちに便宜を図ったつもりなのでしょうか?

高学年になると、

「3大栄養素だけではダメです。これにビタミンやミネラルを加えた、5大栄養素が重要なのですよ!!」と教えられます。

その後、この「5大栄養素」という語が、殆どの成人の記憶に留まることになります。

「他にも重要そうなものもあるが、覚えるためには5つが限度でしょう」と、受験生に便宜を図ったつもりなのでしょうか?

子どもの頃に植え付けられた常識は、その後にどのような高度な栄養教育を受けようが、どのような高度な医学教育を受けようが、思考回路のROMに固着し、上書きされることはありません。

「重要な栄養素を順番に答えてください」という問題を出せば、「糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルです」と応えてしまうことになります。

なかには、「食物繊維も大切です。ただ、どちらかと言えば5大栄養素のほうが大切です」と答える人がいるかも知れません。しかし、これにファイトケミカルを加える人は、一部の人を除き、殆ど居ないような気がします。

重要なのは、このフィトケミカルの栄養的価値、還元力、史学的な効果なのです。

簡単な話をすると、旬のものを美味しくいただきましょうと言う話になりますが

次回フィトケミカルに関して詳しくお話致します。

 

一覧へ戻る

最新のスポーツ科学×幼児教育学による、
21世紀型の総合キッズスポーツスクール

無料体験会について

社内運動会で会社を
明るくしてみませんか?

詳しくはこちら

CONTACT

BOASORTE への
体験レッスンご予約はこちらから
全店共通 1時間 4,400円(税込)